育毛とは今生えている髪の毛を発育させること、発毛とは脱毛状態から髪の毛を生やすことです。

MENU

育毛と発毛の違い

「育毛」と「発毛」は同じもののようで全然意味が違うものなのです。自身の薄毛のケアをしよう、としたときにこの
「育毛」と「発毛」の意味をきちんと理解していないと、自分の頭皮ケアをきちんと行う事はできません。
「育毛」と「発毛」はどのような違いがあるのでしょうか?

 

育毛とは

薄毛を気にする男性

「育毛」とはその名前の通り「毛を育てていく事」です。毛を育てる為には育てていく「髪の毛」があることが前提に
なります。要するに、「頭皮に髪の毛があるけれども、短かったり細かったりしている」人が、その髪の毛を「太く
長くして抜け落ちないようなケアをしたい」人のための頭皮ケア方法となります。
一般的に販売されている「育毛ケア」の商品は、頭皮の環境を改善する為に頭皮のかゆみやフケなどを予防したり、
髪の毛が抜けにくくするための成分などが配合されています。
育毛剤を使用する以外にも、生活習慣を見直す必要があります。
薄毛になってしまう原因には「頭皮への栄養が不足している」ことが考えられます。頭皮の栄養が不足してしまう原因には「血流が悪化している事」があります。血流が悪化する原因の1つに「喫煙」が考えられます。また、睡眠不足が続くと髪の毛が成長する為の成長ホルモンがしっかり働かない状態になってしまいます。特に夜10時~深夜2時に成長ホルモンが分泌されるので、この時間帯にはきちんと睡眠をとっている必要があります。
また、適度な運動をすることで新陳代謝が活発になり、健康な髪の毛が育つことにつながります。

 

発毛とは

「発毛」とはその名前の通り「毛が抜けてしまっている状態のところに再び毛が生えるようにする事」です。そのため毛が抜けて生えなくなってしまった頭皮のケアをするための方法になります。
健康な頭皮の状態であれば髪の毛が抜けてしまっても再び生えてくるものです。しかし、髪の毛が生えずに抜けたままであると言う事は頭皮の環境が悪化していると言う事を示しています。
そのため「発毛ケア」をする為には、まず頭皮の環境を改善し、毛穴から髪の毛が生えるようにする必要があります。
そのため育毛剤には毛乳頭など毛根組織から髪の毛が生えるようにする成分が配合されています。

 

発毛をより促す為には「頭皮の環境を改善する事」が必要です。そのためにはシャンプーできちんと皮脂を取り除く必要があります。
シャンプーで頭皮をきれいに洗い、すすぎ残しがないようにしましょう。また、頭皮のマッサージをして血行をよくすることも大切です。

 

どちらの頭皮ケアをするにせよ、すぐには効果が出にくいので長期的なケアが必要になります。
頭皮ケアは根気良く行う必要があるので、諦めずに頑張ってケアをしましょう。