薄毛対策には髪の毛に悪影響を与える生活習慣を改善することが大切です。

MENU

薄毛と生活習慣

薄毛対策をするために「育毛剤」や「発毛剤」を使ったり、薄毛対策を行っている病院やサロンに通ったりしている
人も多いのではないのでしょうか?しかし、結構な金額がかかったり、なかなか薄毛対策を続けられなかったりする人も
出てきますよね。
そういった対策以外にも「生活習慣」を改善させる事で「薄毛対策」を行う事が出来るのであれば、誰しも簡単に
行う事が出来ますよね。
ではどのように生活習慣を改善させればよいのでしょうか?

 

睡眠の改善

睡眠は髪の毛だけでなく、体を新陳代謝をさせる為に必要な行動です。特に夜10時~深夜2時の間に成長ホルモンが活発に分泌される為、この時間に深い睡眠をとる必要があります。
睡眠前にカフェインの摂取や喫煙をしたり、テレビや携帯電話などを使用すると交感神経が刺激されて睡眠の質が悪くなり、成長ホルモンの分泌を悪くしてしまう事になるので、やめるようにしましょう。

 

食生活

人の体は摂取した栄養素によって構成されていきます。それは髪の毛も同じ事です。
ミネラル、ビタミン、たんぱく質など髪の毛に必要な栄養素を積極的に摂る事も大切ですが、栄養バランスの良い食事を摂るようにすることが大切です。
外食やコンビニ弁当などを控え、和食中心の食生活にするとよいでしょう。

 

ストレスの解消

ストレスを抱える男性

ストレスを甘く見てはいけません。ストレスは体のさまざまなところを不調にしてしまう原因になります。
それは髪の毛も同じ事です。なぜならストレスはホルモンバランスを乱してしまったり、頭皮の血行不良の原因になってしまうからです。
上手なストレス解消法をみつけ、適度にストレス発散するように心掛けましょう。

 

有酸素運動

日々忙しくてなかなか運動をしない人も多いのではないのでしょうか?
実は運動をすることにはさまざまなメリットがあり、その中には薄毛対策に効果的な要素も含まれています。
運動をすると体の血行を良くする事が出来、頭皮の血行も改善させる事ができます。血行を良くすることで髪の毛にも必要な栄養素を届ける事ができます。
また、運動をすることでストレスの解消をすることもできます。
有酸素運動はジョギングやウォーキングなど軽いものを週2~3回など継続して行うようにするとよいでしょう。

 

喫煙や飲酒の改善

過度の飲酒や喫煙は薄毛の原因になります。
まず、飲酒は適度な量であれば血行促進する事が出来る為、薄毛対策につながるのですが、過度の飲酒はアミノ酸を大量に失うことにつながるので、髪の毛をより弱くしてしまうことにつながってしまいます。
喫煙は血行を悪くしてしまうので頭皮に栄養を行き渡らせる事が出来なくなります。
しかし、我慢し続ける事でストレスになってしまうのはかえって薄毛の原因になってしまうので、できるだけ量を減らすようにこころがけましょう。